ACRi ルームへようこそ

アダプティブコンピューティング研究推進体 (ACRi) では、FPGA を活用する高性能なアダプティブコンピューティング・システムの開発及びその設計を効率化するための FPGA 活用基盤の開発を推進するために、100枚を超える FPGA ボードや FPGA StarterBOX を含むサーバ計算機をリモートからアクセスして利用できる FPGA 利用環境として ACRi ルームを開設します。

ACRi ルームの開設のご挨拶

ACRi ルームは、道具を揃える面倒な手間をスキップして、手軽に FPGA 開発をはじめられるリモート環境を提供します。エントリモデル (Arty) と本格的な FPGA コンピューティングを楽しめるモデル (Alveo) を、開発に必要なソフトウェア環境とセットで用意しました。都合のいい時間をオンラインで予約してログインするだけで利用できます。

はじめてのディジタル回路設計やプロセッサ開発には Arty を、FPGA の計算パワーを味わうには Alveo を、といった具合に興味や目的に応じてご利用ください。また、手元に FPGA を持っているという方でも、成果やノウハウを共有する環境として ACRi ルームを是非ご活用いただければと思います。(2020年7月29日)

ACRi ルーム 室長 三好健文
副室長 安藤潤、藤枝直輝、大川猛

ACRi ルームの (プレ) 開設のご挨拶

一般に、FPGA を使った開発成果やトラブルは個々の環境に依存することが多々あり、ノウハウを共有することが難しいという課題がありました。ACRi ルームでは、共通の FPGA 環境を利用することで開発成果もトラブルも簡単に共有できる環境の提供を目指しています。

8月の本格運用を前にプレ運用にご参加いただく皆様には心から感謝申しあげます。是非積極的にご利用いただいて一足先に FPGA 開発を楽しんでいただきながら、ACRiルームの不具合の洗い出しにご協力いただければと思います。(2020年6月30日)

ACRi ルーム 室長 三好健文 (わさらぼ合同会社)
副室長 安藤潤 (ザイリンクス株式会社)
藤枝直輝 (愛知工業大学)

タイトルとURLをコピーしました